• 戦略で業界を変革する!
    本気で経営を学ぶなら
    ここしかない。

  • カルビ市場天神店
    馬肉酒場バルバニック
    統括店長

    伊藤 優樹さん

    食に興味を抱いて調理専門学校で学んでいたところから飲食関係で働き、25歳の時に「ごちや天神店」にアルバイトスタッフとして加わる。その後、契約社員となって参加した全社員会議で、それまで自身がずっと抱いていた飲食業界のイメージを覆される衝撃を受け、意識が変わる。働き始めて2年後の2017年に社員となり、商品開発部へ。その後、「ごちや天神店」の副店長を経て店長に昇格。店舗運営の魅力を知る。2018年に「カルビ市場天神店」の店長となった後、同年「馬肉酒場バルバニック」のメニューリニューアルも手がけて2店舗の統括店長に。マネジメント人材の育成に力を注いでいる。

飲食業に対するイメージを
覆された
全社員会議

飲食業に対するイメージを覆された全社員会議

 当社で働くまでは飲食業界に身を置いてはいたものの、この業界で働いて得られる本当の手応えにはほとんど気づいていなかったように思います。おいしい料理を作って、正しい接客をする。飲食業に携わる者にそれ以外のことなどない、とさえ考えていたのです。「ごちや天神店」で働くようになり、契約社員として初めて出席した全社員会議で、自分がこれまで生きてきたなかで築いてきた価値観が変わるほどの衝撃を受けた結果、考えを改めることになりました。何よりも心を打たれたのは、会議で次々に発表する各店長たちの、細かいデータに基づいた、理路整然とした提案や目標提示でした。一人一人が「店長」ではなく「経営者」のように感じられたものです。彼らにとってそれぞれの店舗は彼ら自身の「城」であり、彼らは「一国一城の主」。飲食業もまた他業種と同じく勝敗の分かれるビジネスであり、ただの感覚や漠然とした経験則でやっていて成功するものではないことに、この時、あらためて気づかされました。

店を育て、人を育てて得る
やりがいの大きさ

店を育て、人を育てて得るやりがいの大きさ

 目から鱗が落ちる思いに意識を変えられた私は、経営者視点で店舗運営に関わるあらゆる部分の数値を収集し分析する努力を始めました。それまでであれば「今日はそれほど売上が上がらなかった」と言うだけで片付けていたのを「なぜ売上が上がらなかったのか」を考えるように頭を切り換えました。「時間帯ごとの来店者数は?」「人時売上高(従業員1人あたりの1時間の売上)は?」「各時間帯のオペレーション人数は適正だったか?」などの各要素を、数値を取って割り出していきます。そこから改善点を探り出し対策を立てて実行。もちろん試行錯誤はありますが、そうした取り組みはいずれ効果となって望ましい数値を生みます。さらに、店舗の売上を立て直した結果は確かな手応えとなり、成長の実感と自信になります。そして、人を育てる実感もまた、この仕事の大きなやりがい。指導する後輩がいつの間にか自分と同じ目線で物事を捉えている時、その成長の度合いは歓びを与えてくれます。

あらゆる業界に通用する
経営視点が身に付く

あらゆる業界に通用する経営視点が身に付く

 当社で働くようになって7年目。社員になってから約4年の今、強く実感していることがあります。それは、この会社で身に付けられる能力は「飲食業界をリードしていける能力」だけに終わらない、「飲食業以外でも通用する能力」であるということ。例えば、以前の私は、飲食店経験がある社会人であっても名刺交換の仕方さえ知りませんでしたし、パソコンスキルもありませんでした。当社で働く過程で身に付けられる社会性、ビジネススキル、マネジメント能力は、自ら働いている飲食業界をもっと上からの視点で捉える力を授けてくれます。狭かった視野を広げてくれた会社に、本当に感謝しています。また、飲食業界は、何かとブラックなイメージで見られがちですが、当社では、残業が多い、休みがとれない、稼げないといったマイナス要因を打ち消す取り組みで、社員が意欲的に働ける環境整備に全力を傾けています。自分の可能性を試して活躍してみたいと思っている人には格好の職場だといえます。