株式会社イーストウッド 代表 棟久 からのメッセージ

代表メッセージ

代表 棟久裕文:イメージ

夢を描く条件

飲食業界に浸からない企業体質

私は2005年にド素人の状態で飲食業界へ飛び込み、
この会社を立ち上げました。
素人の強みはお客さんの立場で判断ができること。

私はその強みを最大限に活かし、店舗経営を実践、
飲食不況と言われるこの時代に、順調に業績を伸ばしてきました。

そして、企業の体制も店舗同様に従業員目線で考えます。

未来の現実、を描ける企業でありたい

私たちはフードビジネス業界としては特別かもしれません。 なぜなら、「夢」を描ける企業だから。

フードビジネス業界といえば、一般的に
過酷な現実(労働条件)の中で夢を描くことが難しいことも事実。

この業界の常識にとらわれず、福利厚生、給与、休暇面など、
崩壊している「理想」と「現実」のバランスを
フードビジネスの枠を越えて実現していく企業です。

飲食経験は大切ではありません。

私と一緒に「未来の現実」を描ける企業で働きませんか。

株式会社イーストウッド
代表 棟久 裕文